ス ポンサードリンク

2008年11月11日

風のガーデン 5話

これまでのお話はこちら

ルイにひとめぼれした養蜂家の跡取り息子の修は、ルイに猛アタックをするが、恋人と別れたばかりのルイは相手にしようとしない。岳も馴れ馴れしくて押しの強い修から逃げ回っているが、修はそんなことお構いなし。

貞三は、相変わらず患者の家を回って診察をしている。貞三は、大きな病院に入院させようとする、ある家族の長男に、人間性を失わせてまで延命治療を行うべきではなく、家族に囲まれて静かに最期を迎えさせてやることが、本人にとっても、見取る家族にとっても幸せではないか、と説くのだった。



★黒木メイサお宝写真★

その頃、東京の貞美は痛みをなんとかごまかしながら、いつも通り仕事をこなしていた。そんな中、二神の状態が悪くなる。まさに今後の自分を見ているような気持ちになる貞美。二神の病室で貞美も突然腰に強いいたみを感じ、慌てて自分の部屋に戻り倒れこんでしまう。心配する妙子が貞美の後を追って部屋を訪れるが、「これ以上自分に罪を犯させないでくれ。」と妙子の優しさを拒絶する。

二神の娘、香苗に案内され、病院の駐車場に向かうと、そこには二神が貞美のアドバイスで医療器具を備えたキャンピングカーがあった。
香苗は二神がその車を貞美に譲ると言っていると話す。香苗は最近の父親の変化について、貞美に「父に何を話したんですか?」と質問する。無愛想で口もロクに聞かない父親が、突然優しくありがとう、とお礼を言ったり、泣き出したりする二神の異変が不思議でならない。

その夜自宅に戻った貞美は、日本尊厳死協会の入会申込書を記入する。

一週間ほど病院の休みをとった貞美は、茜をデートに誘い、しばらく会えなくなる事を告げる。これからの自分の夢を楽しげに話す茜に、複雑な表情を浮かべる貞美。

その頃富良野では、貞三らは穏やかな変わらぬ日々を送っていた。岳は、あんなに逃げ回っていた修と少しうちとけるようになっていた。そんな風のガーデンのそばに、二神が貞美に送ったキャンピングカーが静かに停まっていた。

おうおう。貞美さんは親友の奥さんと不倫をしとったわけですな。そりゃ天罰もくだりますわなぁ。しかもそれでも同じように付き合ってくれる親友の内山さんはお人好し。
あの一本気な修がルイを射止める事が出来るのか、来週の予告ではとうとうルイと岳が貞美に会ってしまうみたいなので、それがこれからのお楽しみだな。


スポンサードリンク
posted by ドラマハウス at 15:00 | 風のガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。