ス ポンサードリンク

2008年11月11日

夢をかなえるゾウ 6話

これまでのお話はこちら

ガネーシャからなぜか突如変身したブラックガネーシャは、あすかの「世界一幸せをつかむ女」という自分のキャッチフレーズを嘲笑い、ゼロから一歩踏み出すためには嫉妬、さげすみなどの悪意も必要だと言う。

自分はそんな悪意なんかない!言い切るあすかにブラックガネーシャは次の課題『人の不幸を想像する』という課題を出す。ブラックガネーシャに手渡された≪デスノート≫ならぬ≪ノートです。≫に自分の身の回りの人の名前を書いてみろと言うブラックガネーシャ。
いざ会社に行って、同僚の名前を書いてみると、出るわ出るわ、あすかが密かに友人たちに抱いていた悪意があふれ出す。



★ガネーシャ関連商品★

ある日、この間あすかによって自分の企画を潰された社内のエース、アミダが、あすかにこの間のお詫びに、と馴れ馴れしく触り、怒ったあすかはアミダに「このペラペラ勘違い男!」と言って突き飛ばす。

今度はそんなあすかに『人の悪意を知る』という課題が出される。 今度は≪逆ですノート≫を使って周りの人間に自分の名前を書いてもらい、他人があすかに対して持っている悪意を知れ、と言うのだ。
周囲のあすかに対する悪意のひどさに、ショックのあまり会社を早退してしまう。するとそこに近藤からデートのお誘いが・・・。ガネーシャに、近藤にも逆ですノートを書いてもらえ、と言われるが、あすかは怖くてできず、デートどころでなくなって逃げ出してしまう。

ブラックガネーシャから、元のガネーシャに戻ったガネーシャから、自分が向上するためには、嫉妬も必要だと話す。
その時あすかに部長から電話があり、アミダからの要請で当分会社に来なくていいと言われる。
ガネーシャのせいだ、と八つ当たりするあすかにガネーシャは次の課題『人を笑わせる』を出す。

若干悪ノリしすぎな感じもするなぁ。
自己啓発と言うより、ただのコメディ。ガネーシャも神様っていうよりほぼドラえもんになっちゃってる。
あすかも早く近藤の気持ちに気づいて付き合ってあげればいいのに・・・。
来週なんとしてもあのアミダをやっつけてもらわないと困るわ。


スポンサードリンク
posted by ドラマハウス at 16:02 | 夢をかなえるゾウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。