ス ポンサードリンク

2008年11月17日

風のガーデン 6話

これまでのお話はこちら

知らぬ間に、養蜂家の息子・修にすっかりなついて、手伝いをするようになった岳が、早朝蜂の世話を終えてガーデンに戻ると、ガーデンを歩いていた貞美に出くわす。岳は貞美をなぜか「大天使ガブリエル」だと勘違いしている様子で、貞美もとっさに「そうだ。」と言ってなりすます事にする。貞美は、自分と会ったことを秘密にしていればまた会えると話していなくなる。

貞美は高校時代につきあっていたエリカの働く理容店を訪れる。30年ぶりの再会だ。昔馴染みの友は、何もかも見透かされている。貞美の病気の事を知らないエリカは、貞美に言いたい放題だ。今頃里心がついて帰って来ても亡き妻・冴子の事は許さないが、困ったことがあれば力になる、と言う。

北の国からスペシャルセット

岳は往診から帰ってきた貞三に、興奮してガブリエルに会ったことを話す。ガブリエルが勘当した貞美だと知らない貞三は、誰にも話さないという約束を破ったと心配する岳に、2人だけの秘密にするから大丈夫だと言う。
その頃、キャンピングカーで寝ていた貞美は、うなされて目を覚ます。すると妙子から二神が危篤状態だとメールが入る。貞美はショックを隠せない。

翌朝、早速ガーデンにやってきた岳に、自分の父に天国で会いましたか?と聞かれ、「君のお父さんは色々悪い事をしたので、天国に来られるかどうか今審査をしている。」と話すと、「父をよろしくお願いします」と深々と頭を下げる岳に、貞美は思わず涙ぐんでしまう。

その後キャンピングカーで眠っていた貞美の夢に、二神が現れて目を覚ますと、そこに妙子から二神が死亡した事を知らせるメールが入った。

翌朝、再び岳と会った貞美は、ガーデンのグリーンハウスで、貞美がチェロを弾き、岳がピアノで合奏していると、そこにルイが現れ、予期せぬ貞美の姿に驚いたルイはそのまま逃げ出してしまう。

ゆっくり展開するドラマだな、これ。
重い自閉症を抱える岳を捨てて、愛人と遊び呆けていたと思うと本当に許し難い。そんな岳を残して自殺してしまうお母さんも、ちょっと理解できないけど・・。
養蜂家の息子の修は、良く見ると男前だな・・。ガッツの息子にしちゃあ。


スポンサードリンク
posted by ドラマハウス at 16:41 | 風のガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。